2018年02月02日

VinculumU 開発環境

以前にVinculumというUSBコントローラを紹介しました。

VinculumがというUSBコントローラかという説明は割愛して、
今回はVinculumの開発環境のインストールと簡単な使用方法を紹介します。


Vinculumの開発環境はVinculum II Toolchainを使用します。
18年2月時点ではV2.0.2-SP2が最新のようです。

ダウンロードしてインストールしましたが、
インストール途中でエラーが発生し、
インストールが完了したものの、
サンプルコードのビルドができない状況でした。

インストール途中のエラーは

path.jpg

「Environment Variable PATH too long to modify」
で環境変数が長く処理できないということのようです。

様々な開発環境をインストールしているため、
このようなエラーが発生したと思われます。
同じWin7でも別のPCではエラーが発生せずに
すんなりインストールが完了しました。


ビルドツールのディレクトリは64bitPCでは
C:\Program Files (x86)\FTDI\Vinculum II Toolchain\Tools\bin
のため、システムのプロパティの環境変数に上記を手動で追加することで解決できます。


path3.jpg

path2.jpg


既に設定された変数値を消さないように
;C:\Program Files (x86)\FTDI\Vinculum II Toolchain\Tools\bin
を末尾に追加します。


これでビルドが通るようになります。




サンプルプロジェクトを開きます。

vin1.jpg



Vinculumと書込みツールを接続して、
Connectボタンをクリックするとデバッガのリストが表示されます。
デバッガが正常に認識されると1つ表示されるはずです。

vin3.jpg

vin2.jpg

選択してconnectをクリックします。

Flashボタンをクリックしてファームを書き込みます。
初回のビルドやコードに変更がある場合は自動的にビルドされたあとに
書込みが実行されます。

vin4.jpg

書込みが完了した後にSTARTをクリックすると
プログラムが動き始めます。



ポイントは環境変数と書込み後のStartだと思いました。
環境変数はともかく、
書き込んだら勝手に走り始めてほしいものです笑

Vinculumはサンプルプログラムが豊富に用意されているため、
サンプルプログラムそのままでも十分な感じです。


開発環境のVinculum Toolchainはシンプルで使いやすいと思いました。
また、後日、Vinculumを使用したUSBデバイス、
USBホストの開発例を紹介したいと思います。
ラベル:部品 開発環境
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

電子ペーパーモジュール

今回は正月にaliexpressで購入した電子ペーパーモジュールを紹介します。

電子ペーパーの特徴として
・低消費電力(画面更新時のみ電気を供給)
・高い視認性(高コントラスト、液晶のように視野角の制限がほとんどなし)
があります。

ただ、Kindleやスマートウォッチなどに一部、採用されるに留まり、
まだOLEDのように様々な製品への組込、モジュール単位での販売は少ないのが現状です。

日本だと安く入手することが難しいため、
aliexplessで購入しました。
2.9インチモデルで1個2200円前後でした。
+数百円で赤色も表示できるモデルもあります。

中国からそのまま送れず、シンガポール経由で送るとかで
注文してから1か月弱して届きました。



epaper.jpg

既に動作テストとしてロゴが表示されており、
ご覧の通り、電源を供給しなくとも保持されています。

epaper2.jpg

SPI接続で画面の書き換えを行います。

サンプルコードはaliexplessのサイトにWikiリンクがあり、
STM32HAL、RaspberryPI、Arduinoのサンプルが用意されています。


時間を見つけて電子ペーパーを試食してみたいと思います。

電池で動くIoT機器には電子ペーパーが
大活躍できる分野だと思うのですが、
未だ単価が液晶に比べて高く入手性が悪いので残念です。

OLEDと液晶のように適用機器が確立しておらず、
量がでないので高いままだと思いました。

低消費電力の特徴を活かして、
IoT機器の表示機として今後の電子ペーパーのブレイクスルーに期待です。

ラベル:部品
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

OLEDリセット回路

あけましておめでとうございます。
2018年もよろしくお願いいたします。



今回はOLEDの配線を減らすためのOLEDリセット回路を紹介します。
以前にAmazonのOLEDを紹介しました。


oled2.jpg



秋月でも同様のOLEDの販売がされましたが、
手持ちのOLEDとピン構成が若干異なります。

AmazonのOLEDはSPIでも対応できるように
CSなどのピンが余分にあります。


OLEDの種類ごとに配線が異なると面倒なので、
RESなどのピンをなくして、秋月のOLED同様に4線(電源含む)にしてみました。

なお、事前にOLED背面のR3を外してR1へ取付、
R8をジャンパさせてI2Cモードに改造しています。


RESピンはVCC電源投入後の一定時間後に
LOWからHIGHにする必要があります。
VCC電源と同時にRESをLOWからHIGHにすると
画面が乱れて正常に動作しません。

RES用の配線を減らすために
RC回路でリセットを一定時間後に掛かるようにしました。


配線は次の通り。

oled.jpg

100k抵抗と0.1uFコンデンサでRESを
VCCに対して遅らせてLOWからHIGHにしています。



これでマイコン側との接続は
VCC、GND、SDA、SCLの4線となります。


RESの漏れ電流が不明なため、
トライ&エラーで100k、0.1uFと決定しました。
51kでは上手くリセットが掛からない場合があったので、
100kと決めてみました。


今のところ、N=5で上手く動いています。

ラベル:部品
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

STM32CubeProgrammer


STM32マイコンの書き込みソフトというと
STM32 ST-Link Utilityですが、
先日、STM32CubeProgrammerが発表されました。


従来の差としては
マルチOS対応と
ST-Linkだけでなく、
UartやUSBを介した書込みも
統合して同じソフトで出来るようになった点です。

早速使ってみました。
インストール時にSTM32TrustedPackageCreatorは
通常使用では使用しないため、インストールしませんでした。



stm32cubeprg1.jpg

起動後の画面はCubeMX風です。

stm32cubeprg2.jpg

右上でST-Linkが選択されていることを確認します。
UartやUSBを使用する場合はそれぞれ応じたインタフェースを選択します。

stm32cubeprg3.jpg

ConnectをクリックするとデバイスとST-Linkが接続されます。

stm32cubeprg4.jpg

左の書き込みモードボタンを選択して、
Browseから書き込みたいbinファイル等を選択します。

stm32cubeprg5.jpg

右下のStartProgrammingをクリックすると書込みが開始されます。

イレース、書込みなどの度に画面にメッセージが
表示されるため、少し煩雑です。
正直メッセージは毎回でなくてもいいです。
どこかで止められればいいのですが。

UartやUSBなど含めて書込みインタフェースが統合されたのは歓迎ですが、
現時点では使い勝手はST-Link Utilityの方が使いやすいと思いました。

バージョンアップによる使い勝手の向上に期待です。


posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 組込ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

サーキットプロテクタ構造

小型のサーキットプロテクタを使用する機会があり、
折角なので内部構造を少し観察してみました。


IMG_0008.JPG

今回、分解してみるのは
E-T-A製の1410-L210-L2F1-S02-5Aです。

定格の10倍の電流(今回のは定格5A)50A流れると
自動的に遮断されます。

一度、遮断されると自動復帰せず、
白色の突起を押すと再度、使用することができます。

ポリスイッチに比べ、自動復帰しないため、
ユーザーが安全を確保したことを確認してから
復帰することができます。


両端が爪で止まっている構造のため、
簡単に分解することができます。

CP2.jpg
中央に長くバイメタルと思われる金属があり、
過電流により発熱し、
接点が離れる構造のようです。

両サイドのバネによって
中途半端な状態にならないようにしているようです。




構造は思った以上にシンプルでした。
熱式のサーキットプロテクタは
サーモスタットと構造はほぼ同じということが分かりました。
続きを読む
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする