2019年11月09日

スリープ不具合調査 その2

対策しても、時々再発してしまうことがあったため、再度試行錯誤してみました。


普段はメインPCは電源を切らず、使わないときはスリープや休止で運用しています。使用しているPCのマザーボードはIntel i5-8400+ ASROCK製 H310M-ITX/acを使用しています。

High Definition Audio Controllerが原因と分かっていますが、以前、紹介した方法の「powercfg」コマンドでは完治しませんでした。


今回はドライバ側から原因を追ってみまいした。RealtechのオーディオドライバーをインストールするとRealtech Audio Cosoleを利用することができます。

「デバイス詳細設定」の項目から「フロントパネル」を「ヘッドフォン」に設定した上で、コネクタ設定「フロントパネルのジャックポップアップダイアログを無効にする」が「オフ」になっていたため、「オン」にして無効化しました。合わせて、「デバイスを差し込むとき、ジャック検出を有効にする」が「オン」になっていたため、「オフ」に設定しました。


realtech-audio.jpg

ジャック検出の無効化で様子を見てみるとスリープ状態に入らず、勝手に復帰する不具合はなくなりました。原因はジャック検出だったようです。一旦、様子をみてみたいと思います。

posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | ナレッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

I2C/Uartコンバータ

今回はI2C/UARTプロトコルブリッジICのSC16IS740/750/760 を紹介します。SC16IS740/750/760はI2CからUARTに変換するICです。

マイコンでUARTを使用する場合、UARTのボーレートに合わせてマイコンのメインクロックを調整するといったことが必要な場合が多々あります。また、UARTポートが他の用途で使用して足りないこともあります。特にUARTの受信処理はSPIに比べ、信号タイミングを測定しながらサンプリングする必要があり、ソフトウェアUARTで実装するとマイコンの負荷が高くなりがちです。マイコンの負荷が高くなることで受信ミスも発生しやすくなります。

I2C/UARTプロトコルブリッジICのSC16IS740/750/760 を使用することでこのような問題を解決することができます。

マイコンからはSC16IS740/750/760 をI2Cデバイスとして制御し、UARTのボーレート設定、送信、受信処理をすることはできます。64 bytesのバッファを内蔵しているため、通信速度が遅いI2Cでも一旦、バッファで受けて後から受信したデータを読み出すといったことが可能です。

また、SC16IS740/750/760 は別途水晶発振子を接続する必要があり、マイコンのクロックから切り離すことができます。そのため、UARTのボーレートに合わせてマイコンのクロックを最大クロックから下げるといった調整が不要です。

SC16IS740、750、760で3種類ありますが、違いは下記の通りです。

 SC16IS740SC16IS750SC16IS760
Flow Control PinRTS/CTSRTS/CTS/DSR/DTR/CD/RIRTS/CTS/DSR/DTR/CD/RI
IO Pin088
SPI Max Clock4Mbit/s4Mbit/s15Mbit/s


SC16IS740/750/760の電源は3.3Vですが、信号の各ピンは5V耐圧のためArduino UNOなどに接続してそのまま使用することも可能です。


このSC16IS740/750/760を使用してGrove変換アダプタを作成してみました。GROVEからUARTに変換する「I2C UART Converter」とGROVEからRS232Cに変換する「I2C RS232C Converter」を設計してみました。

I2CUart.jpg

I2CRS232.jpg




GROVEの多くはI2Cデバイスですが、一部のGROVEはUARTデバイスがあります。UARTデバイスの場合、そのままI2Cポートでは接続できず、ソフトウェアUARTを使用せざるを得ない場合がありました。そのような場合に上記Converterを使用するとソフトウェアUARTを使用せずにUARTデバイスを接続することができます。

サンプルコードを作成して設計に問題なければ、どこかで販売をしたいと思います。

posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

電子ペーパーモジュールV2

Waveshare製1.54inch e-Paper Module電子ペーパーモジュールがアップデートされて、互換性がなくなったようです。

◼︎ハードウェア
概ね互換性があるようです。No.4がNCに変更、L1インダクタンスが若干変わっています。
他は同じため、部品実装を未実装、部品の変更のみで基板は今までと同じ基板を利用できそうです。

V1.jpgV2.jpg
データシートから抜粋

◼︎ソフトウェア
イニシャライズシーケンス、描画コマンドが大きく異なるようです。
残念ながらコードの互換性はなさそうです。実際にV1コードでV2のイニシャライズは出来ず、逆も出来ませんでした。それぞれで対応したコードを実行する必要があります。

V1、V2の最新のコードはこちらのgithub上からダウンロードして使用します。wiki上のサンプルコードはV1のみで19年10月時点ではV2コードがなく、メンテナンスがされていないようです。


◼︎e-Paper I2C モジュール
スイッチサイエンスで販売中のe-Paper I2C モジュールについても次のロット以降はV2のバージョンになる予定です。ソフトウェアについてはV1と互換性がなくなるため、モジュール本体にV2のシールを貼り付けて出荷する予定です。V2対応のサンプルコードについては準備中です。詳細やアップデートについては引き続きe-Paper I2C モジュールのgithubサイトでお伝えします。

posted by Crescent at 17:27| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

販売製品一覧

販売中のCrescent製品を紹介します。
※2019年10月更新

■ProjectionBall IoT (Version 5)
 ProjectionBallはベクター方式の簡易レーザープロジェクタで、
 簡単な図形や英数字などを描画できます。
 Running Electronics様で販売中です。

■ProjectionBall (Version 3)
 ProjectionBallはベクター方式の簡易レーザープロジェクタで、
 簡単な図形を描画できます。
 クラウドファンディングサイト、
 きびだんごのショッピングサイトで販売中です。完売。
 ※WiFi通信、任意文字列や時計の描画機能に非対応

■磁気エンコーダモジュール
 AMS社製磁気エンコーダAS5048Aを2.54 mmピッチへ変換する基板です。
 専用の磁石を同梱。

■磁気エンコーダピッチ変換基板
 AMS社製磁気エンコーダAS5048AやAS5047Dなどを
 2.54 mmピッチへ変換する基板です。
 基板のみでエンコーダIC、磁石は同梱されていません。

■STM32F303CC搭載DIP変換基板
 Nucleo等の評価ボードが発売されていない48ピンIC STM32F303CC
 LQFP48を2.54 mmピッチへ変換した基板です。

■STM32F373CC搭載DIP変換基板
 Nucleo等の評価ボードが発売されていない48ピンIC STM32F303CC
 LQFP48を2.54 mmピッチへ変換した基板です。
 スイッチサイエンスで販売中

■アナログ出力MEMSマイク変換基板
 搭載した、ピッチ変換モジュールです。ピン間隔は2.54 mm。
 可聴音から超音波まで(100 Hz〜80 kHz)の幅広い帯域を
 高感度にセンシングすることが可能です。
 超音波センサや超音波通信などに使用可能です。


■アンプ内蔵アナログ出力MEMSマイク変換基板
 50倍のアンプを搭載した、ピッチ変換モジュールです。
 ピン間隔は2.54 mm。
 可聴音から超音波まで(100 Hz〜80 kHz)の幅広い帯域を
 高感度にセンシングすることが可能です。
 超音波センサや超音波通信などに使用可能です。

■デジタル出力MEMSマイク変換基板
 搭載した、ピッチ変換モジュールです。ピン間隔は2.54 mm。
 可聴音から超音波まで(100 Hz〜80 kHz)の幅広い帯域を
 高感度にセンシングすることが可能です。
 超音波センサや超音波通信などに使用可能です。

■LattepandaArduino変換基板
 LattepandaのLeonardoポートをArduino Leonardoピッチへ
 変換する基板です。Arduinoのシールドが使えるようになります。
 表面実装部品のみ実装済みです。
 ピンヘッダ、ソケット、リセット用のタクトスイッチは別売です。

■PS/2 USB逆変換アダプタ
 USBキーボードをPS/2化する変換アダプタです。
 標準ドライバで動作可能なUSBキーボードをPS/2キーボードとして
 使用できるように変換します。
 プログラミング専用こどもパソコンIchigoJamやサーバマシンなど、
 PS/2キーボードのみをサポートしている場合に本製品を使用して、
 USBキーボードをPS/2化します。

■e-Paper I2Cモジュール
 e-Paper I2CモジュールはWAVESHARE製200x200, 1.54inch
 E-Inkディスプレイを搭載したモジュールです。WAVESHARE製200x200,
 1.54inch E-InkディスプレイはSPI接続ですが、配線の容易性を実現するために
 SPI I2CプロトコルブリッジIC SC18IS602Bを搭載してI2C化しています。

■nanopi neo/neo2 拡張ボード
 FriendlyElec製NanoPi Neo/Neo2の拡張ボードです。
 ピンヘッダ上にあるUSB2ポート、I2Cポート(Grove)のコネクタを
 搭載しています。標準USBの1ポートで足りないという場合やGrove
 で拡張したいという場合に最適です。
 また、I2Cポートには純正NASキットと同じRTC DS1307が搭載しています。

■Digital Video Shield
 SPIからDVI出力(HDMIコネクタ)するArduinoシールドです。
 FTDI製ビデオエンジンBT816とDVIトランスミッタTFP410を搭載しています。

■ロードスイッチ変換基板
  Vishay製超低漏洩電流ロードスイッチSiP32431を搭載した変換基板です。
 1.5 V~5.5 V、最⼤1.4 Aまでの負荷の電源管理が可能です。
 FETを使⽤する場合に⽐べ、漏れ電流が10 pAと非常に⼩さいことが特徴です。

■ISO 14443 Type A RFID付きEEPROMモジュール
 デュアルインタフェースEEPROM M24SR64とアンテナを搭載したI2C Groveモジュールです。
 64k bit EEPROMにI2CとRFIDの2つの通信で内部のデータにアクセスできます。
 EEPROM M24SR64はISO 14443 NFC/RFID tag NFC forum Type 4 に対応しています。

■BLE5モジュール変換基板
 SiliconLabs製BLE5モジュールBGX13Pを搭載した変換基板です。
 BLE5の制御ソフトウェアが予め書き込まれているため、容易にBluetooth通信を使⽤できます。
 3.3 Vシリアル通信(UART,初期115200 bps)で外部機器からパラメータを設定できます。
 TELEC(技適)認証済 工事設計認証番号 209-J00282

■WiFiモジュール変換基板
 SiliconLabs製WiFiモジュールAMW037を搭載した変換基板です。
 WiFi制御ソフトウェアが予め書き込まれているため、容易にWiFi通信を使⽤することができます。
 3.3 Vシリアル通信(UART,初期115200 bps)で外部機器からパラメータを設定することが可能です。
 TELEC(技適)認証済 工事設計認証番号 201-180092




posted by Crescent at 00:00| Comment(2) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

電子メモパッド

数年前に購入した電子メモパッドが電池交換しても消えなくなってしまったため、リプレースしました。壊れたボードを折角なのでばらしみました。

構造は思った以上にシンプルで導電性のフィルムの間に特殊な液体を挟んだ構造でした。片側は透明な電極でもう片側は黒色のシート電極となっていました。液晶ディスプレイ同様の構造です。

一度、シートを上がすと気泡等が入ってしまい、復元は困難でした。破棄目的以外では分解厳禁です。また、液体は手で触れないように注意。液晶ディスプレイの多くはガラスで挟まれたモジュールとして組み込まれているため、モジュールとして取り外し可能です。一方、電子メモパッドは粘着テープで2枚のフィルムを挟んで止めているだけの構造のため、シートを剥がすと気泡が簡単に入ってしまいました。

IMG_0068.JPG

端に金網状のリボンケーブルで基板と接続されていました。

IMG_0069.JPG

薄っすら緑色に見えるのがフィルム間の特殊な液体です。液体自体に色はなく、シートが偏光板として機能することで発色しているようにみえると思われます。


ペンの加圧で特殊な液体の分子の並びが崩れて、緑色として見えます。電極に電圧をかけることで特殊な液体の分子を整列させ、緑色が削除されます。

IMG_0075.JPG



昇圧回路はIC型式が記載されておらず、詳細不明ですがオシロスコープで削除時の波形を観察すると±50Vで300msecの周期で2.5回繰り返し処理しているようです。昇圧回路はHブリッジのような構成のようです。非動作時はHブリッジ負荷のインピーダンスが高く、GNDの取り方が悪いため、非動作時のノイズが大きくなったと思われます。

wave2.jpg

一般的な液晶ディスプレイに比べてバックライトや画素の処理回路、カラーフィルタなどがないため非常にシンプルです。昨今の電子メモパッドの安さに納得です。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする