2016年07月26日

リニアアクチュエータガイド


以前からリニアアクチュエータを安価に実現できないかと、
いろいろ試作や検討してきました。

駆動部分を別に取り付けるとして、
安定して直進方向に動かすためのリニアガイドやリニア機構が
要となります。

ただ、市販のリニアガイドは直進精度が高い分、
100mm程度の可動範囲で1個数万という非常に高価なものが多く、
ロボットやちょっとした装置に使用するにはハードルが高い現状がありました。


一方で直進精度はないものの、
家具の引き出しに使われるガイドは摩擦やガタが大きく、
トルクの伝達性に欠けます。


今回、手ごろな価格で、ある程度、直進精度に優れたガイドがあったため、
購入してみました。


IMG_2954__.jpg
可動域150mmで3千円前後。


2本購入して、1本は非常に滑らかでした。
以前使用経験のあるTHK SRSシリーズのガイドのように
指ではじくと端まで滑らかに移動する程、低摩擦でした。

もう一方は所々に少しガタがあり、
そこそこスムーズに動くものの、
若干、引っかかりを感じました。
個体差があるようです。


数千円程度でそこそこの精度のガイドが手に入るとは驚きです。

リニア機構を応用すれば、
3Dプリンタやレーザー加工機等の応用的な装置も比較的安易に実現可能です。


今度はこのリニアガイドに駆動機構をつけてみたいと思います。

posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

ProjectionBallショッピング販売開始

kit_green.jpg
先日、行ったクラウドファンディング
「かんたんレーザービームProjection Ball組立キット」について、
ご支援頂いた皆様のもとにProjectioBallの組立キットが到着し、
組立された皆様から描画した写真や動画などが続々と届き、
嬉しい限りです。


kibindagoではプロジェクトが終了した後も、
商品を購入することができるショッピング機能があり、
ProjectioBallについてもショッピング販売を本日から開始します。

クラウドファンディング募集時と異なり、
スタンドおよび球体を除いた、
描画に必要なProjectionBall部品のみに絞った低価格版を販売いたします。

詳細はショッピングサイトをご参照ください。


クラウドファンディング募集時に支援できなかった方や
追加で購入したい方はぜひご利用ください。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする