2017年10月08日

イーサネットモジュール

今回は簡単にイーサネット通信できるモジュールを紹介します。

STM32マイコンでは内蔵のイーサネットも使用可能ですが、
メモリや割り込み処理など多くのリソースを要します。

今回紹介するW5500モジュール
SPIで外付けで簡単にイーサネットが実現できるモジュールです。

LANポートとW5500チップが一体になったモジュールです。

IMG_0001.JPG


W5500チップ自体に32kBバッファも内蔵されています。
最大8ソケットまで対応しています。

また、単にTCP、UDPだけでなく、
DHCP client、DNS client、FTP client、FTP server、SNMP agent/trap、
SNTP client、TFTP client、HTTP serverの他に
MQTT Clientまで対応しています。

MQTTまで対応しているとは驚きです。
ライブラリもこちらで公開されています。
Arduino版はこちら


イーサネットを使用する=raspberryPIを使う
という以外の有力な選択肢となりそうです。
簡単という意味ではraspberryPIに劣りますが、
SDカード耐久性やOS起動時間など考えると、
メリットは大きいと思います。



ただ、W5500の他にW5100、W5200など姉妹品があり、
W5500はちょっと癖があるようなので、
今後、STM32マイコンで実際に使用して評価してみたいと思います。

他の注意点としては
モジュールによってMACアドレスが付属していないものがあるようです。
その場合はMACアドレスEEPROM等を購入して、
MACアドレスを入手してから使用する必要があります。
ラベル:部品 IoT
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする