2018年01月20日

電子ペーパーモジュール

今回は正月にaliexpressで購入した電子ペーパーモジュールを紹介します。

電子ペーパーの特徴として
・低消費電力(画面更新時のみ電気を供給)
・高い視認性(高コントラスト、液晶のように視野角の制限がほとんどなし)
があります。

ただ、Kindleやスマートウォッチなどに一部、採用されるに留まり、
まだOLEDのように様々な製品への組込、モジュール単位での販売は少ないのが現状です。

日本だと安く入手することが難しいため、
aliexplessで購入しました。
2.9インチモデルで1個2200円前後でした。
+数百円で赤色も表示できるモデルもあります。

中国からそのまま送れず、シンガポール経由で送るとかで
注文してから1か月弱して届きました。



epaper.jpg

既に動作テストとしてロゴが表示されており、
ご覧の通り、電源を供給しなくとも保持されています。

epaper2.jpg

SPI接続で画面の書き換えを行います。

サンプルコードはaliexplessのサイトにWikiリンクがあり、
STM32HAL、RaspberryPI、Arduinoのサンプルが用意されています。


時間を見つけて電子ペーパーを試食してみたいと思います。

電池で動くIoT機器には電子ペーパーが
大活躍できる分野だと思うのですが、
未だ単価が液晶に比べて高く入手性が悪いので残念です。

OLEDと液晶のように適用機器が確立しておらず、
量がでないので高いままだと思いました。

低消費電力の特徴を活かして、
IoT機器の表示機として今後の電子ペーパーのブレイクスルーに期待です。

ラベル:部品
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

OLEDリセット回路

あけましておめでとうございます。
2018年もよろしくお願いいたします。



今回はOLEDの配線を減らすためのOLEDリセット回路を紹介します。
以前にAmazonのOLEDを紹介しました。


oled2.jpg



秋月でも同様のOLEDの販売がされましたが、
手持ちのOLEDとピン構成が若干異なります。

AmazonのOLEDはSPIでも対応できるように
CSなどのピンが余分にあります。


OLEDの種類ごとに配線が異なると面倒なので、
RESなどのピンをなくして、秋月のOLED同様に4線(電源含む)にしてみました。

なお、事前にOLED背面のR3を外してR1へ取付、
R8をジャンパさせてI2Cモードに改造しています。


RESピンはVCC電源投入後の一定時間後に
LOWからHIGHにする必要があります。
VCC電源と同時にRESをLOWからHIGHにすると
画面が乱れて正常に動作しません。

RES用の配線を減らすために
RC回路でリセットを一定時間後に掛かるようにしました。


配線は次の通り。

oled.jpg

100k抵抗と0.1uFコンデンサでRESを
VCCに対して遅らせてLOWからHIGHにしています。



これでマイコン側との接続は
VCC、GND、SDA、SCLの4線となります。


RESの漏れ電流が不明なため、
トライ&エラーで100k、0.1uFと決定しました。
51kでは上手くリセットが掛からない場合があったので、
100kと決めてみました。


今のところ、N=5で上手く動いています。

ラベル:部品
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする