2018年02月02日

VinculumU 開発環境

以前にVinculumというUSBコントローラを紹介しました。

VinculumがというUSBコントローラかという説明は割愛して、
今回はVinculumの開発環境のインストールと簡単な使用方法を紹介します。


Vinculumの開発環境はVinculum II Toolchainを使用します。
18年2月時点ではV2.0.2-SP2が最新のようです。

ダウンロードしてインストールしましたが、
インストール途中でエラーが発生し、
インストールが完了したものの、
サンプルコードのビルドができない状況でした。

インストール途中のエラーは

path.jpg

「Environment Variable PATH too long to modify」
で環境変数が長く処理できないということのようです。

様々な開発環境をインストールしているため、
このようなエラーが発生したと思われます。
同じWin7でも別のPCではエラーが発生せずに
すんなりインストールが完了しました。


ビルドツールのディレクトリは64bitPCでは
C:\Program Files (x86)\FTDI\Vinculum II Toolchain\Tools\bin
のため、システムのプロパティの環境変数に上記を手動で追加することで解決できます。


path3.jpg

path2.jpg


既に設定された変数値を消さないように
;C:\Program Files (x86)\FTDI\Vinculum II Toolchain\Tools\bin
を末尾に追加します。


これでビルドが通るようになります。




サンプルプロジェクトを開きます。

vin1.jpg



Vinculumと書込みツールを接続して、
Connectボタンをクリックするとデバッガのリストが表示されます。
デバッガが正常に認識されると1つ表示されるはずです。

vin3.jpg

vin2.jpg

選択してconnectをクリックします。

Flashボタンをクリックしてファームを書き込みます。
初回のビルドやコードに変更がある場合は自動的にビルドされたあとに
書込みが実行されます。

vin4.jpg

書込みが完了した後にSTARTをクリックすると
プログラムが動き始めます。



ポイントは環境変数と書込み後のStartだと思いました。
環境変数はともかく、
書き込んだら勝手に走り始めてほしいものです笑

Vinculumはサンプルプログラムが豊富に用意されているため、
サンプルプログラムそのままでも十分な感じです。


開発環境のVinculum Toolchainはシンプルで使いやすいと思いました。
また、後日、Vinculumを使用したUSBデバイス、
USBホストの開発例を紹介したいと思います。
ラベル:部品 開発環境
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする