2018年03月24日

I2C/SPIプロトコルブリッジIC その2

先日、紹介したI2C/SPIプロトコルブリッジICの
SC18IS602BIPW/S8HP でちょっと引っかかった点について紹介します。

SC18IS602BIPW/S8HP はSPI接続のデバイスを
I2Cデバイス化する変換ICです。

GPIOの出力や入力はすんなり動いたのですが、
SPIの転送がなかなかできない問題が発生しました。

原因を調査するとI2CでSPI転送をしているにも関わらず、
SPIのクロック、信号が出ていない感じでした。


原因はGPIOの設定にありました。
4つGPIOがある中ですべてGPIOモードにするとSPI転送できないようです。
もう少し厳密に言うとSPI転送時は自動的にCSのIOが制御されるため、
SPI転送時で使用するCSはGPIO Enableにしてはいけないということです。


GPIOの設定はGPIO Enable (Function ID F6h)で行います。
SPI転送時にCSとして使用するGPIOは無効にして
SlaveSelectとして使用します。
SPI転送時のアドレスがSlaveSelectとして機能します。



普段のマイコンの感覚ではSPIのCSはGPIOで別途制御するのが一般的なので
I2C/SPIプロトコルブリッジICでもGPIOモードで全部制御する
ということを考えてしまいました...


ということでI2Cなので画面書き換え速度がSPIの約4倍以上要しますが、
WaveShare製の電子ペーパーをI2C化成功しました。

IMG_0015-2.jpg

IMG_0016-2.jpg

書き換え速度は遅いですが、I2C(Grove)接続で
簡単に制御できるのは魅力的です。
WaveShare製の電子ペーパーはSPIの配線の他に
Cmd/Data線、Reset線、Busy線の3つの配線が必要です。
SC18IS602BIPW/S8HP にはGPIOが4つあるため、
CS含めてすべてソフトで制御できます。

完全にI2C(Grove)接続のみで電子ペーパーを制御できます。
近日中にライブラリの公開とI2C電子ペーパーモジュールの販売を開始したいと思います。

ラベル:部品
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

I2C/SPIプロトコルブリッジIC

今回はI2C/SPIプロトコルブリッジICの
SC18IS602BIPW/S8HP を紹介します。


SPI接続のデバイスをI2Cデバイス化する変換ICです。
つまりSPI接続のデバイスをGrove接続化できるデバイスです。


SPI接続のスレーブデバイス選択用にGPIOが4つあるため、
スレーブデバイスを最大4つまで選択する用途以外にも
リセットやデータコマンド切替IO等にも使用できます。


他の特徴として
SPI転送速度は最大1.8 Mbit/s、200-byteのデータバッファを搭載しています。


I2Cなので速度には全く期待できませんが、
WaveShare製の電子ペーパーをI2C化させることを検討中です。

もう少し、I2C/SPIプロトコルブリッジICが安ければよいのですが...
マイコンで代替もできますが、
毎度の書き込みの手間を考えると
やはり専用ICを使うのが良さそうです。


I2Cになると接続の容易さが際立つので、
より電子ペーパーの用途が広がると考えています。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする