2018年06月16日

ミニLCDプロジェクタ検討部品

今回はミニLCDプロジェクタを自作しようと思い、
検討している部品を紹介します。


海外でもミニLCDプロジェクタの自作プロジェクトがいくつかありますが、
LCDの日本国内での部品入手性が悪く、
なかなか踏み出せない状況でした。


秋月電子で販売されているLCDで簡単な改造により
ミニLCDプロジェクタが作れる部品があることが分かり、
実験してみました。


使用するLCDはAQM1602Y-NLW-FBWです。
秋月で販売されているこのLCDのみ黒背景で白文字、
つまり、表示文字部分が透過するタイプです。
バックライトの光で文字として白く見えるようになっています。


他のLCDは背面に反射板や色フィルム等がついているため、
LCDプロジェクタとして使用するのが難しいです。


プロジェクタといえばドームプロジェクタ部品もありますが、
制御が面倒なのとフルカラーは不要なため、
I2CのキャラクタLCDを使用します。



lcd1.jpg

まずは動作チェック。
コントラストは要調整ですが、
想定通り、文字部分が透過され、文字以外は黒く半透明となっています。


また、バックライトのプレートが簡単に外れる構造となっています。
付属のバックライトを外して、パワーLEDを当てて、レンズを通せば
ミニプロジェクタ完成という感じです。



レンズの種類、パワーLEDの出力等の検討がつかないので、
まずはiPhoneのLEDと100円均一の虫眼鏡を使って実験してみました。



lcd2.jpg

結果は表示範囲に問題ありますが、
はっきりと文字が紙のスクリーンに表示されました。

I2CでミニLCDプロジェクタが作れれば、
色々応用できそうです。


パワーLEDや非球面などのレンズ使って
もう少し実用的なミニLCDプロジェクタを作ってみたいと思います。

posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする