2018年11月17日

フォトダイオード増幅回路

光センサの1つにフォトダイオードがあります。

距離センサ、ガルバノメータのエンコーダ等では
フォトダイオードを使用しています。

フォトダイオードの信号は微弱な電流のため、
微弱な光の強弱を検出するために増幅回路が必要です。
今回はフォトダイオードの増幅回路を紹介します。

電圧電流変換の回路を応用して、
微弱なフォトダイオードの電流を増幅します。
回路は下記のような感じです。

photodiode.jpg

光を受けて発生した光起電力を増幅するため、
フォトトランジスタではこの回路は使用できません。
フォトダイオードの一種が太陽電池なので、
光起電力が発生するダイオードであれば、
この増幅回路が使用できます。
秋月ではPINフォトダイオード等が使用できます。

フォトダイオードの増幅回路は他にもありますが、
光の有無を検出するような回路ばかりで、
光の変化をレンジが広く、線形に得られる回路はなかなかありません。
色々検討して上記の回路にたどり着きました。

今後は上記の回路を応用してガルバノメータを取り込んで、
デジタル制御してみたいと思います。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする