2019年08月10日

Groveリレー

最近は忙しいため、部品紹介が少し多めとなっています。

今回も部品紹介としてGroveリレーを紹介します。

relay1.jpg

relay2.jpg

Groveコネクタのリレーはいくつかあります(M5Stack用SPDTリレー)が、その中でもSeeed社のGroveリレーv1.2は3.3Vから動作可能なのが特徴です。Seeed社のGroveリレーv1.2であれば、3.3V系でも5V系でもそのまま使用することができます。

ほかのGroveリレーの多くは5V動作なのでSTM32マイコンやArduino Leonardなどの3.3V系のマイコンではそのまま動かすことができません。これらのマイコンで使用する場合はリレーの動作電圧に注意して選定する必要があります。

また、Groveリレーを使用する場合は基板上にコイルの逆起電力をキャンセルさせるためのダイオードが付いているため問題ありませんが、リレー単体で実装する場合は必ず保護ダイオードを取り付けることがポイントです。忘れるとマイコンのポートに数十〜数百Vの逆起電圧が加わり一瞬でマイコンが壊れてしまいます。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする