2020年03月14日

STM32CubeMonitor

先日、STから新しい開発支援ツール群STM32Cubeの1つとしてSTM32CubeMonitorが発表されました。STM32CubeMonitorはSTM32Studioの後継ソフトウェアという位置づけのようで、マイコンの変数や内部をリアルタイムに可視化してデバッグ効率を向上させることができます。早速使ってみました。

STM32CubeMonitorとSTM32 Studioとの大きな違いは、STM32CubeMonitorはUIにNode-Red組み込んだフローベースUIを採用している点です。STM32CubeMonitor v1.0時点では独自にカスタムされたNode-Redのため、配布されているノードを追加するといったことはできないようですが、dashboadのUI、シリアルノード、mqtt、tcp、httpといったよく使用するノードは予め導入されているため、困ることはなさそうです。

STM32CubeMonitorのWindows版をダウンロードしてインストールしてみました。STM32CubeMonitor起動前の注意点として、Node-Redを別で使用している場合は、同じポート1880を使用しているため、終了させる必要があります。個人的にはポートをNode-Red標準の1880から変えるべきだったと思います。


起動すると見慣れたNode-Redのフロー画面とデフォルトノードが出現します。

cubemon1.jpg

通常のNode-Redとの違いはSTM32CubeMonitor自身がブラウザとなってそのままフローエディタにアクセスできる点と独自のSTM32マイコンにアクセスするためのノードが用意されている点です。また、前述のフロー追加ができない点です。

標準フローには予めダッシュボードのグラフやボタンが含まれていました。STM32マイコンのデバッグをすぐに使用開始できるようになっています。

cubemon2.jpg


STM32CubeMonitorでSTM32マイコンのデバッグをするためにはSTM32Studio同様にビルドした際の生成ファイル(elfファイル等)とST-Linkで接続されたSTM32マイコンが必要です。


最初にSTM32CubeMonitorでモニタリングしたい変数を設定します。フロー中央のmyVariablesをクリックします。Executable項目のペンマークをクリックし、生成ファイルを登録します。

cubemon7.jpg

適当なNameをつけて、ビルドした際の生成ファイル(elfファイル等)のフォルダを指定します。STM32CubeMonitor v1.0時点では文字列としてフォルダを指定する必要があり、フォルダ選択画面は表示されません。Windowsの場合は別途、エクスプローラー等からワークスペース内のプロジェクトの生成フォルダ(Debugフォルダ)を確認し、文字列としてフォルダを指定します。フォルダを指定すると自動的にFileでelfファイルが表示されます。完了ボタンをクリックして設定を完了させます。

cubemon3.jpg

Variable Listにプロジェクトで使用している変数一覧が表示されます。今回はボタンを押した際にnumというグローバル変数を増加させるプログラムを書いてみました。必要に応じてVariable Listをフィルタして今回、モニタリングしたい変数numを選択します。

cubemon4.jpg

追加ボタンを押して設定を反映させます。

続いて、ST-Link設定を行います。フロー上のmyProbe_Outをダブルクリックし、Probe Configを設定します。ペンマークをクリックし、ST-Linkを追加します。PCに接続されたST-Linkが自動的にリストに表示されます。ここでST-Linkが表示されない場合はST-Linkを別のソフトウェアが占有していないか確認してください。STMCubeProgrammerやST-LinkUtilityを使用してSTM32マイコンにファームの書き込みをしている場合はDisconnectでST-Linkを事前に書き込みソフトウェアから解放する必要があります。


cubemon6.jpg

myProbe_Outの完了をクリックして設定を反映させます。同様にmyProbe_Inも設定します。一通り設定が完了したら、STM32CubeMonitor画面の右上の「DEPLOY」ボタンをクリックしてフロー設定を反映させます。「DASHBOARD」をクリックしてグラフを表示させ、「START Acquisition」をクリックすると先ほど指定したnumのモニタリングが開始されます。今回はボタンを押した際にnumというグローバル変数を増加させるプログラムを書いたのでボタンを押すとリアルタイムに変数が増加することを確認できました。


cubemon5.jpg


STM32Studioに比べてSTM32CubeMonitorはUIが簡素化され、非常に使いやすくなったと思いました。個人的には書き込みの度にST-Linkの切断、接続をするのが面倒でUARTをデバッグによく使用しています。ただ、UARTデバッグの問題点としてprintf等で出力する処理に時間を要するため、リアルタイム処理等の時間にシビアな処理の場合、printfが使用できません。このような場合もST-Linkを使用したSTM32CubeMonitorであれば、処理に影響せずにモニタできるため、非常に便利だと思いました。さらにUIがNode-RedになったことでCSVファイルの書き込みや読み込み、tcpやudp、httpが簡単に使用できるため、機械学習のデータ取り込みにも力を発揮できると思いました。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 組込ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする