2020年03月28日

STM32H7 lwipの設定

STM32H743ZIでCubeMXで生成したコードでRTOSなしでlwipを用いた通信ができないという不具合がありました。使用しているHALライブラリバージョンはSTM32Cube FW_H7 V1.7.0、CubeMX5.6です。統合開発環境はSW4STM32、v2.9です。

HALライブラリ内のサンプルプログラムは正常に動くものの、CubeMXで生成したファイルではEthenetが正常に動かず、pingが通らない状況でした。

コード等を完全にコピーしても不具合が治らないため、さらに原因をいろいろ調査すると...リンカスクリプトが原因と分かりました。プロジェクトファイル直下にCubeMXで生成されるSTM32H743ZITx_FLASH.ldです。

中身を比較テキストエディタ、WinMergeで確認すると不具合の原因が分かりました。


左が正常に動くリンカスクリプト、右がCubeMXで生成した不具合のリンカスクリプトです。
正常に動くサンプルプログラムはSTM32Cube_FW_H7_V1.7.0\Projects\NUCLEO-H743ZI\Applications\LwIP\LwIP_HTTP_Server_Netconn_RTOS\SW4STM32\STM32H743ZI_Nucleoを参照しました。


winmerge.jpg

lwipで使用するEthernet送受信領域がリンカスクリプト内で定義されていませんでした。そのため、未定義のままでEthenet正常に動かなかったようです。他にもリンカスクリプト内でヒープサイズ等の異なる点がありましたが、Ethenetの動作上は問題ありませんでした。

.lwip_sec (NOLOAD) : {
. = ABSOLUTE(0x30040000);
*(.RxDecripSection)

. = ABSOLUTE(0x30040060);
*(.TxDecripSection)

. = ABSOLUTE(0x30040200);
*(.RxArraySection)
} >RAM_D2 AT> FLASH

上記の定義をリンカスクリプトに追記すると正常に動作することが確認できました。CubeMX上でETHとlwipの設定をしているにも関わらず、リンカスクリプトに反映されないのはCubeMXの不具合だと思われます。今後のバージョンアップで修正に期待したいと思います。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 組込ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする