2022年01月08日

STM32 EvoPrimer

今年もよろしくお願いします。

正月明けの先日、秋月電子通商の八潮店にお邪魔しました。八潮店は店舗が秋葉原店よりも広く、混雑していないのでおススメです。さらにおススメなのは10~20年前の秋葉原店のようなジャンク部品が八潮店では販売されています。入口入って左側のジャンクコーナーでは通販やWebサイトに載っていない部品がたくさん格安で売られています。

今回、お邪魔して購入したものはSTM32 EvoPrimerジャンク品です。STM32F103V*シリーズが搭載されたSTM32 EvoPrimerのベースボード(定価1万前後)が300円、ターゲットボード(定価3~4千円前後)が200円で販売されていました。ベースボードに搭載されているリチウム充電池が完全に放電しているようでジャンクとして大量に販売されていました。10年以上前の開発ボードでNucleoボードやDiscoveryボードが販売される前の製品のため、情報等が限られていますが、まだ回路図等は部分的に確認できるようです。


p1.jpg


p2.jpg

ベースボードとターゲットボードを接続してUSB電源を供給するとデモプログラムが動作しました。


p3.jpg

ST7732ドライバ搭載の160x128のパラレル接続LCDが搭載されているようです。


p4.jpg

ベースボードはSTM32F103VE、タッチパネル付きLCD、スピーカ、microSDスロット、加速度センサ、リチウム充電池、充電回路等が搭載されていました。

p5.jpg

偶然?にも電池は完全に消耗しておらず、3.4V程度電圧がありました。

p6.jpg

ターゲットボードは数種類販売されており、ROM容量が一番大きなSTM32F103VGを購入してみました。10年以上前の製品に搭載されたSTM32F103シリーズのため、初期レビジョン固有のエラッタ等があるかもしれませんが、部品取りや簡単な実験用として非常にお買い得だと思いました。


p7.jpg

他にも鉛フリーのクリームハンダ等もあり、ジャンクならではのお買い得品が多数ありました。なお、ジャンクコーナーは在庫の入れ替わりが激しく、在庫管理された正規在庫品ではないため、店舗へ在庫有無の確認等はお控え頂き、直接、八潮店でご確認ください。プラ箱に大量に入っていたため、数週間程度は引き続き販売されていると思われます。

ぜひ、秋葉原店だけでなく、八潮店で買い物するのも如何でしょうか?
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする