2016年10月31日

Bluetoothモジュールでキーボード


今回はMicrochip社製のBluetoothモジュールRN-42を使用した
Bluetoothキーボードの動作確認を行ったため、
覚え書きとして紹介させて頂きます。



IMG_3826_.jpg


USBシリアルでそのまま簡単に通信できるよう、



microUSBをPCに接続するとシリアルデバイスとしてCOMポートが認識されます。
USBに接続すると緑色LEDがゆっくり点滅します。



teraterm等でボーレート115200bpsに設定します。


@下記の文字列を打ち込んでコマンドモードにすると
緑色LEDが速く点滅します。
 $$$

AiPhoneやタブレットからモジュールを検索する際に表示される
モジュール名を設定します。
 SN,KEY

Bペアリングモードを有効化します。
 SM,6

CシリアルプロファイルSSPでなく、入力デバイスHIDへ変更します。
 S~,6

DHIDデバイスの中のキーボードとして認識させます。
 SH,2

E設定有効化のために再起動させます。
 R,1

再起動後、iPhoneからBluetoothをONにして検索すると
先ほどモジュール名として設定した「KEY」が表示されます。

クリックして接続して、
teratermからキー入力すると、そのまま文字列が入力されました。

IMG_3827.PNG


他に便利なコマンドとして下記の設定パラメータ一覧表示があります。
 x 




注意点としてはBluetoothとしてiPhoneなどと接続中の場合は
一度、デバイス削除してからでないとコマンドモードに入れないようです。



今回はiPhoneSEで接続して実験しました。
RN-42はBluetooth 2.1+EDRのため、
少し古いBluetooth規格で最近のデバイスと接続できるのか心配でしたが、
iPhoneSEや手持ちのWindowタブレット(OSはWin10アップ済み)等でも接続できました。




posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック