2017年06月17日

ProjectionBallオープンハードウェア化

先月、MakerFaireBayAreaに参加して以降、
海外からの問い合わせが増えました。


一方で海外向けに販売できる体制を短期間で構築できないため、
最新版のProjectionBall IoTをオープンハードウェア化することにしました。

ProjectionBall IoT v5.4の特徴
・スマートフォンやPCからWifi経由で遠隔操作可能
・アナログ時計、デジタル時計を内蔵
・任意の文字列を表示可能(最大32文字、フォント内蔵)
・直径が10cm(旧モデル12cm)と一回り小さく
・Wifiはアクセスポイントモード、サーバモードの両対応


◆ProjectionBall IoTファームウェア&ソースコード

◆ProjectionBall IoT部品リスト&STLデータ&カーバーデータ

◆ProjectionBall IoT Wifiモジュールソースコード


ドキュメント類や説明がまだ充実していない状況のため、
英語版のドキュメント含め、順次、追加していきたいと思います。


また、国内向けにはProjectionBall IoTの完成版を
近日、協力会社から販売開始予定です。



ぜひ、Facebookページへ「いいね」をお願いします。

posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451000049
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック