2017年09月15日

BOOT0切替なし書き換え

今回はSTM32マイコンでBOOT0切替なしで
書き換えを行う方法を紹介します。

CubeMXでNucleo等を選択すると
BOOT0切替なしでファームの書き換えができます。

一方で、マイコン単体を選択して
最低限の設定でCubeMXで生成したコードを一度書き込むと、
次回の書き換え等でBOOT0をHighにして電源を入れないと
SWD端子に接続したSTLinkからマイコンが認識されず、
ファームの書き込みや削除ができない現象が発生しました。


原因としてはシリアルデバッグを有効化せずにCubeMXで生成したコードを書き込むと、
シリアルが無効化されてプログラムが動いてしまうことです。
書き換える場合はBoot0をHighにして電源を入れて
bootをシステムメモリに変更することで書き換えできます。

意図しない書き換え防止やセキュリティ強化になりますが、
Boot0のジャンパやスイッチの切り替えが面倒です。


ここで、BOOT0切替なしで書き換えを行う方法を紹介します。
CubeMXの設定でシリアルデバッグを有効化します。

serial-debug.jpg


この状態で生成したファームを書き込むと次回以降の書き換えは
BOOT0切替なしで書き換えできます。


製品としてファームを書き込む以外の実験用途では
意図しない書き換え防止やセキュリティ強化が不要なため、
CubeMXの設定でシリアルデバッグを有効化するのが
Boot0切替の手間がなく便利です。



posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 組込ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。