2018年06月30日

MACアドレス内蔵EEPROM

IoT機器の開発をしていると、
WiFi、Bluetoothだけでなく、
Ethernetも使用する機会が多々あると思います。

Wiznet W5500といったICを使用することで
簡単にEthernetでUDP,TCPを利用できます。

IMG_0023-.jpg

ここでEthernetのICで問題になるのはMACアドレスです。
サンプルプログラム等ではMACアドレスが同じため、
固有のMACアドレスを取得する必要があります。

遊びであってもスイッチングハブを使用すると
MACアドレスで識別するため、固有のMACアドレスが必要となります。

王道としてはIEEEに申請してMACアドレスを入手する方法ですが、
中小や個人ではなかなかできません。

そこで便利なものがMACアドレス内蔵EEPROMを使用する方法です。

ただ、パッケージがPDIP8しかなく、SPIベースのシリアルです。



ここでご紹介したいのが、
Microchip社から出ている24AA02E48、25AA02E48シリーズです。

24AA02E48はI2C通信、25AA02E48はSPI通信です。
また、SOT23-5、SOT23-6、SOIC8とパッケージ選択もできます。
価格も30円前後と非常に低価格です。
MACアドレスの領域は書き込み禁止になっているため、
誤ってMACアドレスを消してしまう心配もありません。

なお、24AA02E64、25AA02E64シリーズもありますが、
こちらはEUI-64のIPv6のMACアドレスのため、
未だ一般的なIPv4を使用する場合はEUI-48の24AA02E48、
25AA02E48シリーズを使用します。


実際のMACアドレスの読み出し方等についてはまた次回、ご紹介します。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。