2018年10月27日

2.42インチOLEDモジュール試食

今回は2.42インチOLEDモジュールについて紹介します。

秋月やamazon等で手に入るOLEDは解像度は128x64でそこそこあるものの、
画面サイズが0.96インチで遠くからの視認性があまり良くありません。

日本ではあまり入手性がよくありませんが、
同じ解像度128x64で同じ種類の制御ドライバの

0.96インチの制御ドライバはSSD1306で、
2.42インチの制御ドライバはSSD1309です。
互換はあるようです。

2.42インチOLEDモジュールが届いた状態では
SPIモードとなっており、
裏側のジャンパ抵抗を切り替えてI2Cモードとして動作させます。

このジャンパ抵抗が曲者でした・・・
SPIモードで使用しているジャンパ抵抗は4.7kの抵抗のため、
同じようにI2Cモードも4.7kでジャンパしましたが、
まったく動作せず・・・
I2Cのアドレススキャンにも応答せず・・・

oled-jumper.jpg

ジャンパ抵抗を4.7kでなく、
0Ωにするとアドレススキャンに応答し、
I2Cモードで動作確認できました。


2.42oled.jpg


同じようなOLEDなのに思った以上に動作確認に苦戦しました。

以前、ご紹介したようにRES端子を改造して、
4線のみで簡単に制御できるようにして試食完了です。

posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。