2019年03月23日

NodeJS Portableで気軽にNode-Redを始める方法

Windows環境でNode-Redを使用する場合、DockerやUbuntuをVM上で動作させて使用することが多いと思います。
ただ、初心者にとってDockerの設定、VM導入は少し敷居が高いです。

WindowsにNodeJSを直接インストールしてNode-Redを使用することもできないことはないですが、UnixベースのOSでNodeJSが開発されていることもありうまくインストールできないことが多々あります。また、PC毎にインストール作業が必要で構築に労力を要します。


ここで紹介するのはNodeJS Portableを活用する方法です。
NodeJS Portableはその名の通り、Portableなので
一度、Portable版でNode-Redをインストールすれば、
そのフォルダ毎コピーで別のPCでも動きます。

フォルダで管理することができるため、
同じPC上でもバージョンやアプリケーションごとに分けて
フォルダ管理するということも可能です。


■NodeJS PortableにNode-Redを導入する手順
@NodeJS Portableをダウンロードする

AダウンロードしたNodeJS Portableを実行し、
NodeJS Portableフォルダを生成する
※注意点としてNodeJS Portableフォルダは浅いディレクトリで実行してください
フォルダの階層が深いとファイル生成に失敗する可能性があります。
例:C:\Users\XXXXの直下にフォルダを生成する XXXXはユーザー名

BNodeJSをダウンロードする
デフォルトのNodeJS Portableはv5.7.0でNodeJSのバージョンが非常に古いです。
そのままではNode-Redがインストールできても実行できません。

今回はNodeJSサイトからnode-v8.15.1-win-x86.zip をダウンロードしました。
なお、デフォルトのNodeJSがx86のため、同様にx86版のv8を選択しています。

Cnode-v8.15.1-win-x86.zipを解凍する

DNodeJSの置き換え
\NodeJSPortable\App\NodeJS内のnode.exeを削除し、先ほど解凍したnode-v8.15.1-win-x86内のnode.exeに置き換えてください。

また、\NodeJSPortable\App\DefaultData\node_modules内のnpmフォルダを削除し、先ほど解凍したnode-v8.15.1-win-x86.zip\node-v8.15.1-win-x86\node_modules内のnpmフォルダに置き換えてください。

ENodeJSPortable起動
\NodeJSPortable内のNodeJSPortable.exeを実行します。
コンソール画面が表示され、置き換えしたNodeJSバージョンが表示されれば置き換え成功です。


node.jpg

NodeJS Portableのデフォルトはv5.7.0ですが、
置き換えをしてv8.15.1と表示されています。

FNode-Redインストール
npm install -g --unsafe-perm node-redと打ち込んでインストールします。
数分でインストールが完了します。

GNode-Red起動
node-redと打ち込んでEnterで実行されます。

初回は下記のようにファイアウォールの設定が自動で表示されます。
「アクセスを許可する」をクリックしてください。

firewall.jpg

起動に成功すると下記のようにNode-Redのコンソールが表示されます。

node-red2.jpg

HNode-Redにアクセス
ブラウザ(FirefoxもしくはChrome、IEは非推奨)から下記のアドレスにアクセスします。

お馴染みの画面が表示されればあとはNode-Red三昧です。

node-red3.jpg


I終了する
コンソールウインドウを閉じるか、
Ctrl+cを押してy、exit、yで終了させてください。

■NodeJS Portable固有の情報
・インストール時にnode-gyp系のエラーがでる場合は
WindowsのビルドツールPython2をインストールしてください。

・置き換え後にNode-Redのインストールに失敗する場合、先にNode-Redをインストールしてからnode.exeを置き換えして起動させてください。

・フローの保存場所について
\NodeJSPortable\Data\.node-red内のflows_XXXX.jsonが作成して保存されたフローです。XXXXにはPC名が入ります。
他のPCであらかじめ作成したフローを開く場合はXXXXを動かすPCのPC名に書き換えてから起動させてください。

・NodeJSPortableはSerial Port Nodeを使用することができます。
 DockerやVMのNode-RedではUSBデバイスやシリアルノードを使用することが簡単にはできません。
NodeJSPortable版は簡単にUSB Serial等をNode-Redから操作できます。
これは組込系の機器と連携することができるため、非常に魅力的です。

・デプロイがうまくできなくなってしまう場合やNode-Red画面の応答がない場合、コンソール画面でEnterキーを連打して溜まったログを出力させてください。


posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | ナレッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。