2019年06月15日

シリアルBLEモジュール変換基板

今回は以前に紹介したシリアルBLE5モジュールの変換アダプタを設計、試作してみたのでご紹介します。

シリアルBLEモジュール変換基板にはSilicon Labs製 BGX13Pを搭載しています。
BLE5に対応したUARTシリアルで設定変更できるBLE5のモジュールです。
技適も取得済でマークがモジュールに記載されています。

Silicon Labs製 BGX13Pはシリアルで簡単にデータを設定、転送できるだけでなく、スマホアプリ(iOS、Android)でファームアップデートが簡単に可能なので今後の機能アップにも期待できます。


BLE5_1.jpg

BLE5_2.jpg

当初、手はんだで後からQFNパッケージのイメージで実装できると思いましたが、パットが小さいかつ数が多いのため、ハンダがうまく流れないためリフローでないと実装が難しいことが分かりました。そのため、実装も外部に委託して試作してみました。

BLE5_3.jpg

BootボタンとRSTボタンを備えており、電源LED、全IOにアクセスできる設計になっています。また、電源3.3V、GND、シリアルTX/RXはGroveコネクタで簡単に接続できるようにしました。基板サイズ自体は25mm x25mmの正方形でピン幅は22.86mmでブレッドボードにピッタリ幅に設計しました。


今後、検証して問題なければ1個3.5千円前後でどこかで販売予定です。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。