2019年06月22日

CO2センサ

今回は先日、入手したCO2センサについて少し紹介します。

CO2センサは室内の空気管理、植物を育てる温室の空気管理、人の混み具合可視化など用途が広く面白いセンサです。



CO2センサの原理として、光学式、電気化学式、半導体式があります。
MH-Z14Aはどのような構造か、精度が悪化することを承知で中身を確認してみました。


co2_1.jpg

上部に白い布状のテープが貼ってあり、ここからCO2が入るようです。



co2_2.jpg

使用しているマイコンはSTM32F051K8のようです。マイコン横のICはWS6252と記載されていますが、情報がありませんでした。回路パターンからオペアンプだと思われます。


co2_3.jpg

上の蓋を外すと内部は至ってシンプルでした。左側にLED(赤外線LED)、右側に光センサ素子がついています。



co2_4.jpg

外乱として外部の光が入らないような入れ子構造になっていました。センサ側の蓋はミラー状になっており、赤外線LEDの光を受ける構造になっていました。

ということでMH-Z14Aは光学式CO2センサと分かりました。非分散型赤外線(NDIR: non dispersive infrared)検出方式のようです。思った以上にシンプルな構造でした。赤外LEDの光をばらつきなく受光素子に届けるための蓋の金色と形状がポイントだと思いました。


また別の機会に実際につかってみたいと思います。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。