2019年09月07日

BMPフォーマット

組み込み機器向けのBMP(ビットマップ)の画像データを作成する際に便利なツールを紹介します。

WindowsのBMPの場合、24bitカラーが標準的です。24bitカラーでは組み込み機器の場合、データが少し重すぎます。そのため、組み込み機器16bitカラーBMPを使用することがあります。さらに低い8bitカラーでは色の表現力に欠けます。

MS Paintでは16bitBMPの保存ができないため、16bitカラーBMPを生成するために便利なツールを紹介します。


■Webサイト上で簡単に変換できるツール
組み込み向けのGUIライブラリを提供しているlittlevglの画像変換オンラインツールです。

16bitBMPの他に8bitBMPやC言語用の配列データ変換なども利用できます。
試しにデータ変換する場合にお勧めです。

littegl.jpg

■OSSの変換ツール
OSSの変換ツールではGIMPが便利です。16bit変換BMPに対応しています。変換したい画像を開いてから「名前をつけてエクスポート」で16bitBMPに変換できます。

なお、8bitBMPで保存したい場合は「画像」→「モード」→「インデックス」からカラーマップを8に変更してビットマップで保存すると変換できるようです。

gimp3.jpg


gimp2.jpg

「WindowsBMP」を選択して「エクスポート」をクリックします。


gimp.jpg

詳細選択画面が表示されるため、16bitBMPを選択します。今回はRGB565を選択しました。今度は変換した16bitBMPを「Digital Video Shield」を使って表示させてみたいと思います。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | ナレッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。