2020年06月06日

高感度磁界センサDRV425

今回はTI製高感度磁界センサDRV425について紹介します。通常のホール素子やホールスイッチよりも非常に高感度で±2mT、帯域最大47kHzで磁界をアナログ出力を得ることができます。また、DRV425に接続するシャント抵抗を変更することで感度を調整して、より高感度(データシート上では±0.1mT)に設定することができます。

用途としては電流センサや磁石検出、位置センサの用途を想定しているようです。今回はDRV425の評価ボード、DRV425EVMを使用して簡単な実験をしてみました。

DRV425.JPG


DRV425EVMはデフォルトの感度設定は±0.5mTとなっています。±0.5mTの場合、1mT/3.3V=0.3mT/Vとなります。一方、日本の地磁気は45uTとなるため、0.33Vの範囲で出力されると予想されます。DRV425EVMを回転させてオシロで観察してみました。

rotate-range.jpg

ほぼ0.33Vのレンジで出力されており、地磁気も検出できる感度であることが分かりました。



続いて、ネオジム磁石NE099(表面磁束140mT)を近づけて検出範囲を調べてみると70mm前後の離れた10mm前後動かすと100mV程度の変化を捉えることができました。

osc-range.jpg

DRV425は非常に高感度で感度調整が可能な使いやすい磁界センサだと思いました。ただ、電流センサとして使用する場合はデータシートにも記載されていますが、2つDRV425を使用して地磁気をキャンセルさせるように差動で構成しないと、設置向きによって地磁気の影響を受けてしまいます。

cs.jpg

DRV425を使いやすく固定穴をつけたボートを作成してみました。設計したボードで評価を行い、問題なければ、諸情報を公開したいと思います。

posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。