2020年06月13日

オーディオADコンバータCS53L30

以前に紹介したUSB-I2S変換IC CP2615に接続するオーディオ用のADコンバータ、Cirrus Logic製CS53L30について紹介します。

CS53L30はTDM or I2S接続のオーディオ用ADCです。24bit 48kHzのサンプリングレートに対応しています。また、最大4つのアナログマイクorPDM出力のデジタルマイクを接続可能です。なお、4つのマイクを同時に使用するためにはTDM接続か、2チャンネルのI2S接続が必要です。I2S変換ICのCP2615は1つのI2S入出力を備えるため、CS53L30とCP2615の組み合わせでは左右2つのマイク接続となります。

デジタル入力、アナログ入力の切り替え、アンプ増幅ゲイン、サンプリングレート等の設定はI2Cを介して設定します。CS53L30のI2Cを介した設定の注意点として、各レジスタの値書き換え、値読み込みは1byte毎に行う点です。連続でレジスタの値書き換え、値読み込みはできません。よくあるI2Cデバイスの場合、デバイスアドレス、レジスタアドレス、データの順にデータを送った後にそのままデータを送ると、自動的にレジスタアドレス+1されて値の書き換えや読み込みが可能です。CS53L30の場合、自動的にレジスタアドレスがインクリメントされません。最後の値が適用されます。この仕様に気づくまで意図した設定が有効にならず、苦戦してしまいました。


ブレッドボード上でCS53L30とCP2615を組み合わせてPDMデジタルマイク、SPH0641LU4H-1を2つ接続し、USBステレオオーディオとして音を取り込むことを確認することができました。PDMデジタルマイクの評価検討用の基板としてCS53L30とCP2615を組み合わせてUSB-PDM変換基板を設計してみました。CP2615を利用することで接続すると自動的にUSB標準オーディオデバイスとして認識されます。PDMマイクを接続することで簡単にPCやMac等のオーディオ入力に変換することができます。CP2615のパラメータを書き換えることでアナログマイクを接続したり、ゲインやフィルタを設定することもできます。


usb_pdm.jpg

USB-PDM変換基板の検証が問題なければ、諸情報を公開したいと思います。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。