2020年11月21日

STM32 USB CDC応用

以前、STM32 USB CDC注意点について紹介しました。今回はUSBの接続有無確認やCOMポートのオープンといった確認する方法を応用編として紹介します。

■USB接続有無確認方法
ステートを確認することでPC等のホスト側とのUSB接続有無を確認することができます。STM32 HALライブラリのUSB CDC以外でも利用できます。USBデバイスのハンドルのdev_stateから確認できます。dev_state が USBD_STATE_CONFIGURED の場合はUSBがPCと接続されている状態です。例えば下記のような使い方ができます。

if(hUsbDeviceFS.dev_state == USBD_STATE_CONFIGURED)
{
   //USBが接続されている場合
}
else
{
  //USBが接続されていない場合
}

■COMポートオープン有無
CDCの場合、USB接続の有無だけでなく、COMポートのオープン有無を確認したい場合が多々あると思います。通信で確認する他に間接的ではありますが、CDC_GET_LINE_CODINGの呼び出しイベントから確認できます。電源ON後のUSB認識時とCOMポートオープン時にそれぞれ2回から3回、CDC_GET_LINE_CODINGのイベントが発生します。このイベント発生をカウントすることでCOMポートのオープンを確認することが可能です。

usbd_cdc_if.cファイル内のCDC_Control_FS関数のCDC_GET_LINE_CODING条件を下記の様に書き換えます。必要に応じて下記の様にカウンタとフラグを設定して確認できるようにします。

case CDC_GET_LINE_CODING:
{
  USBD_SetupReqTypedef * req = (USBD_SetupReqTypedef *)pbuf;
  if((req->wValue & 0x0001) != 0)
  {
    comOpenCount++;
    if(comOpenCount>3)IsComPortOpen=true;
  }
}


STM32マイコンのUSB関連のHALライブラリについても、最低限の機能は実装されているため、少しコードを追加することで応用することが可能です。他にも便利な機能等あれば、また紹介したいと思います。
posted by Crescent at 00:00| Comment(0) | 組込ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。